メイクに関する情報が満載!

映えるメイクの仕方

女性にとってメイクは、顔立ちをより魅力的に見せるためにも欠かせないものです。
しかし、メイクをすれば全ての人が完璧な外見を手に入れられるというものではありません。
客観的に自身の顔と向き合うことで、より明るく自然なメイクをすることができます。
まず、自身のお肌を整えることから始めましょう。
お肌がボロボロですと、ファンデーションをはたいた跡がよくわかり、より汚い肌に見えてしまいます。
お肌にきちんと水分を与え、保湿することにより、ファンデーションのりもよくなります。
アイシャドウやチークの発色もよくなりますので、透明感も引き出すことができます。
次に、パーソナルカラーを意識するようにしましょう。
パーソナルカラーとは自分の肌や髪、瞳の色から導き出される自分に一番似合う色のことです。
この色を無視してアイカラーやリップを選んでしまうと、かえって肌色を悪く見せてしまい逆効果となります。
自分の肌と相性の良いカラーを選ぶことで、だいぶ明るく艶のある仕上がりになります。
普段のメイクに納得がいかない場合は、スキンケアを見直したり、パーソナルカラーを徹底してみたりするのもいいかもしれません。
別人のような仕上がりが期待できます。

メイクは身だしなみの一つです

メイクは年頃になれば女性は必須です。
それは社会人のマナーでもありますし、人前に出るときの身だしなみの一つです。
毎日、基礎化粧をしておけば、肌も綺麗でいられますし、年齢を重ねても肌トラブルが少なく、老けてみられることも少ないです。
夜は保湿が何より大切です。
化粧水のあと、夜用の保湿クリームをたっぷりつけます。
寒くなってきたら乾燥するのでしっかり保湿をすることが大切です。
メイクをしやすくするために、夜の保湿は大切ですし、深い眠りにつける夜の10時から朝の2時はお肌にとっても黄金時間です。
この時間に睡眠をとると、翌朝の肌もイキイキしています。
どんなに時間がなくて急いでいるときも、基礎化粧はしっかりしましょう。
朝は化粧水にUV効果のある日焼け止め、ファンデーションは必要です。
目元のアイメイクは時間がないときは、ビューラーでまつげをしっかりとカールさせるだけでも、印象が全然違います。
明るく見られるので、好感度もいいです。
まゆ毛もしっかり描きます。
あとは、口紅は上品な色のものをつけます。
社会人のマナーです。
口紅はよく落ちるので、その都度しっかりつけることも大切です。
メイクは人を明るく前向きにさせる力があります。


check


好評の訪問着レンタルサービスです


訪問着レンタルを利用しましょう










最終更新日:2020/6/4